豆田町 町づくりの歴史的経過

S54.10 第1回天領祭りの開催

S57.6  嶋屋オープン

S58    豆田地区町並み保存推進協議会発足(役員12団体・20名)

S58    豆田地区町並み保存状況予備調査

S59.3  第1回草野本家ひなまつり公開

S59    豆田地区家屋実態調査

S59    豆田地区町並み保存事業地区指定(7.8ha)融資事業開始

         融資額  修理・修復   500万 

              修景(門・塀) 200万

         金利 利率 5年償還2.50% 10年償還2.75% H8年まで

S59.10 広瀬資料館オープン

S61.7  中城町祇園山鉾復活

S63    天領資料館オープン

S63.7  港町祇園山鉾復活

H元年    建設省都市景観モデル都市指定

H元.7   豆田みゆき通り祇園山鉾復活

H2.7   豆田上町祇園山鉾復活

H2     地区景観ガイドプラン作成

H3.9   都市景観条例制定

H2~H5  国土省・地域個性形成事業実施 総事業費 240,000千円

       歴史の小道整備事業・・・遊歩道整備、ポケットパーク整備、

       せせらぎ景観整備事業・・水路改修、親水施設整備

       町並み修景整備事業・・・石畳舗装、街路灯、常夜灯整備

H5     宇治山哲平美術館オープン→豆田文化交流館へ変更

H6     市山亭懐古館オープン

H7.3   水の郷、国土庁認定

H8     歴史国道「日田往還」の整備対象地区に選定

H10~H12  下町通り(約800m)電線類地中化工事(h12.10に完成)

H10.4  都市景観形成地区内の景観助成制度開始

         古い建物の修理事業  200万円

         新しい建物の修景事業 100万円

H12.4  コミュニティーバスの運行開始(3月完成のサッポロビール工場間を運行)

H12.8  豆田南(港町)駐車場完成

H14    重要伝統的建造物群保存地区選定事業開始

H16.12  重要伝統的建造物群保存地区に選定

H16.6  豆田町伝建保存会発足

H17.3  花月川河川改修事業完成

H17.10  第1回「千年あかり」まつり始まる

H18.3  流し雛行事の開始

H19~H21  上町通り無電柱化工事  (h21.2完成)