ようかんすきですか

赤司ようかんの歴史

 赤司家は元来、現在の福岡県久留米市で武家として代々続いていたが 明治維新後、創業主赤司夢帰次(あかしむきじ)が菓子職人としての修行後ここ天領日田豆田の地に菓子舗を創業したのが 明治二十四年(1891年)のことである。

 当時の日田郡役所より日田を代表するようなお菓子を作れないかと言われ 夢帰次が考案したのが赤司の日田羊羹である。

 夢帰次が考案した日田羊羹は独特の製法で作り出され防腐剤や真空パック等の技術のない当時表面は白く固くなるが腐らないとして遠い戦地の慰問袋に華を添えていたと伝えられている。


戻る